自転車のメンテナンス

<スポンサーリンク>

自転車通勤 ブレーキの片効き調整

ブレーキの偏りの調整。 自転車を押して歩いていたら後輪でブレーキパッドがこすれる音が聞こえてきた。見てみると左のブレーキパッドがリムにくっ付いてる。調整の必要あり!

ブレーキとフレームの付け根の部分のネジを回して調整しました。

自転車メンテ

<スポンサーリンク>

この部分です。

自転車メンテ

スパナでここを傾けたい方に回す。

ただ、これで解消しましたが本当にこれで良いかちょっと自信がありません。調整以降とくに問題無いので良しとしてます。

自転車通勤 リアディレイラの調整

リアディレイラの調整。 シフトチェンジで目的のギアに入らない時はもどかしいものです。やっぱりきちっと動作してくれるのが気持ちいい!簡単に調整できます。

ディレイラの不調はワイヤーが延びた為に起こります。ワイヤーを適度に張ってやれば 調整完了です。

自転車メンテ

この個所を回しててワイヤーを張る 。

自転車メンテ

作業する時は自転車の作業スタンドに乗せるか、無ければ自転車を裏返して作業すると楽です。

私なりのコツとしては
・ペダルを回しながらギアチェンジしてを一番重い状態にし軽く調整ネジでワイヤーを張る。

・ペダルを回してギアを1段づつシフトDOWNしギアとチェーンの引っかかり具合を見ていく。うまくシフトDOWN出来ない場合は張りが弱い。逆に数段飛び越す場合は張りが強すぎ。

・1段まで行ったらこんどはシフトUPし同様にギアとチェーンの引っかかり具合を見ていく。シフトUPしてもギアが変わらない場合は張りが強すぎる。飛び越す場合は張りが弱い。

・シフトUP、DOWNを行っていると中間あたりのギアチェンジがうまく決まらない場合がある。この場合は微妙にワイヤーの張り方が決まってない。ここが気持ちよく決まれば調整は完了!

あとは、実際に乗ってみて1速づつギアチェンジの感触を確認して終了。

もっと、ちゃんとしたやり方があるのかも知れませんが、この方法でしのいでいます。

続きを読む

自転車通勤 ブレーキの効き調整

ブレーキレバーがハンドルにくっ付くようになってきたので、ブレーキの効き、幅を調整します。 これもワイヤーが伸びた為です。ワイヤーを張って調整します。

 
自転車メンテ

ブレーキ本体を手で締めた状態にし、赤い線で示してるのネジを緩めてワイヤーを張ります。黄色い線で示してるネジを締めて固定させます。

自転車メンテ

ここで注意。ブレーキに下のようなレバーがある場合があります。このレバーはタイヤを外す時にブレーキの幅を広げてタイヤを外し易くする為の機構です。それで、ワイヤーを張る注意としてこのレバーを上げた状態でブレーキの幅がタイヤより少しだけ大きく開くようにワイヤーの張りを調整します。

自転車メンテ

また、ワイヤーの張り具合でブレーキレバーに遊びが無くなると、指だけの力でブレーキをかける事になり使いづらくなります。手のひら全体で握れるように少し遊びを持たせて調整する事がPOINT!

 

自転車通勤 ハンドルのガタ

ブレーキを掛けるとハンドルと言うか、フロントフォークとフレームとの結合個所がガタガタする事があります。フロントフォークの締め付けが緩んでる状態です。

乗れない事はないですが安定性に欠けます。ゆっくり乗る事が難しくなる。また、結合部に入ってるボールベアリングを傷めてしまいます。

 

ステムのここを緩めます。

自転車メンテ

 

ここを絞める。絞めすぎるとハンドルが重くなるので注意。

自転車メンテ

 

ハンドルとタイヤの位置を正しく修正して、はじめに緩めたステムを絞めて終了。

自転車通勤 作業台変わりに

作業用の台やスタンドが無い場合は自転車を裏返しにして作業します。裏返す場合はメーターやライトを取ってから行います。

ディレイラの調整に便利です。

また、裏返すと以外に汚れてる事にビックリ!

自転車メンテ