ブルホーンハンドル

フラットバーハンドルからブルホーンハンドルに交換!

ロードバイクのフラットバーをブルホーンハンドルに交換しました。

フラットバーハンドルに飽きてきて、ドロップハンドルに戻そうかと思ったが、もうひとつ気になるハンドルがあるではないか!

と思い立ったが吉日

さっそく交換することに。

シフトレバーをステム下に移動してあるので、すぐに終わった。

<シフトレバーをステム下に設置してハンドル交換を簡単にする方法!>
<ヴァイスベルとシフトレバーマウンターの取り付け>
<続シフトレバーとマウンターの取り付け>

<スポンサーリンク>

ブルホーンハンドル。試走してブレーキの位置確認後にバーテープを巻いた。
ブルホーンハンドル。試走してブレーキの位置確認後にバーテープを巻いた。
続きを読む
<スポンサーリンク>

やっぱりロードバイクのシフトチェンジは手元に欲しい!

シフトレバーをステム下に移動してハンドル交換を簡単にしようと変えたものの、やはり不便だ。

シフトレバーをステム下に設置してハンドル交換を簡単にする方法!

のんびり走るには問題ないが、やはりロードバイク!それなりに飛ばしたくなる。速度が上がってる時や、トレーニングがてら一生懸命ペダルを漕いでる時は姿勢を変えたくない。シフトチェンジで体を起こすのが不満。

やっぱり、手元に欲しいぃ

続きを読む

ブルホーンハンドルの検討

ドロップハンドルかフラットハンドルの交換と考えていたら、もう一つ候補が。

ブルホーンハンドルだ!

その名の通り牛の角のな形をしているのでそう呼ばれている。

続きを読む

シフトレバーをステム下に設置してハンドル交換を簡単にする方法!

自転車のバンドルをドロッペハンドルからフラットバーハンドルに交換して(ロードバイク フラットバー化)乗っていたが、またドロップハンドルに戻したくなった。

気分に合わせてどちらかを使いたいが、シフトチェンジが色々とネックなる。

そんな中、またネットを漁っていたら気になる物が!

続きを読む