ロードバイクの膝痛を乗り方で克服

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ロードバイクの膝痛で以前から色々と対策してきて、やっとゴールを見つけた気がするw

クランクを短くしたり、シューズにカント付けて見たりとやれる事はやってみた。確かに効果があったが、やっぱり痛みはある。

O脚って事でシューズで固定すると人より痛みが発生しやすい体質でもある。そこへ、今までの対策をあっさりと克服してくれる乗り方に出会いました!

おじぎ乗り!

この乗り方が膝痛の克服と、さらに坂道の上りを楽にしてくれた!

おじぎ乗りとは

堂城 賢さんの著書「自転車の教科書」を読んで知りました。

体の骨、筋肉の動き理解することが大事で、それを自転車の乗り方に使う。痛み対策が行き詰まってた所に救世主的な乗り方に出会えた。さらに上り坂も楽になったおまけ付き!

  • 腰をサドルから垂直に立てないで前傾に寝せる
  • 引き足を使わない
  • 拇指球あたりをペダル軸にのせる
  • 自転車の中心に乗る
  • サドルを低くする
  • ハンドルを握る位置は頭より前
  • ペダリングする軸ができれば足は自動で回る
  • クランクは長くしテコの原理で楽に漕ぐ

他にも特筆する事があるのですが、今までのロードバイクの乗り方との大きな違いです。特に腰を寝かす、引き足を使わない点は「えっ」と思う所。自分もそう思った。

おじぎ乗りの基本姿勢は野球の守備、またはスピードスケートのスタート姿勢、ノルディックスキーの滑走時の姿勢。

腰を寝かす

拇指球に重心を置き、かかとを浮かせ骨盤を寝かせて前傾姿勢をとります。この拇指球に乗せることが重要で、世の中のスポーツの基本になっているくらい重要です。

運動中にかかとに重心がある人は機敏に動けない鈍重な動作になると。重心の置き方を比べて動いてみると確かに動きが変わる。

膝痛の話からそれてしまいましたが、実はこの重心と姿勢が膝に負担をかけない一番重要なポイントなのです。

では、どれだけ膝への負担が違うか、以下の方法で試して見てください


膝に負担が多い場合

足を肩幅ぐらいに開き、かかとに重心を置き、腰を地面から垂直に立てかかとを地面に着けたたままスクワットをしてみる。

すると膝のあたりがパンパンになってきます。


膝に負担が少ない場合

同じく足を肩幅ぐらいに開き、拇指球に重心を置きかかとを上げ、前傾姿勢を行い腰は足の付け根から体にわせて寝かしスクワットをしてみてる。


先ほどと違って膝には負担が少ないがはっきりわかります。

明らかに膝への負担が違うことが分かったかと思います。つまり膝に負担の少ない姿勢。おじぎしている姿勢で自転車に乗るのです。


おじぎ乗りをしてから、今まで起きてた膝の痛みが無くなりました。

姿勢以外もクランクを165mmから175mmに変更。ステムを120mmに変更しグリップ位置を頭より前に。とおじぎ乗りに合わせました。


本によると、猫背で骨盤をサドルから垂直に立てて乗ると言われてた姿勢が、じつはとても体にきつい姿勢で、スポーツで言えば腰が引けてるダメな姿勢だそうです。

また、最近のロードのレーサーも腰を寝かす人が多くなっていてるそうです。

腰を立てて猫背にし、かかとに重心がある姿勢。よく言われるロードバイクの姿勢でなのですが、ペダルを逆に回すと楽にまわり普通に回すとちょっと力が要ります。

つまり、かかとに重心があると普通に回すと自分の後ろ足の重さが乗るからで力がいる。

だから引き足が必要になる。さらに、上り坂は傾斜分の力に自分の足の重さもプラスされるので辛いのです。

おじぎ乗りは後ろ足に重心が乗らないので無駄な力がいらなくなり、楽に漕げる乗り方になります。坂道も今までより楽に登れるようになります。

膝の痛みについては具体的な事を書くことがなかったぐらい、姿勢だけで解決してしまった。

それだけ姿勢が重要な事なんだと思い知らされました。

膝痛をきっかけにたまたま読んだ「自転車の教科書」の内容がとても参考になりました。

内容のほんの少ししか書いてませんのでもっと詳しく知りたい方はぜひ読んでみてください。

>>Amazonで「自転車の教科書」

>>楽天での「自転車の教科書」

>>Yahooshoppingでの「自転車の教科書」

LINEで送る
Pocket

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。

コメントを残す


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください