自転車で通勤の距離は!服装はどうする?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

自転車で通勤するならとしら、どれぐらいの距離がいいのか?

自転車は何がいいのか?そもそもどれぐらい時間かかるものなのか?と最初の疑問になりますよね。

あとはどんな服装がいいのか?と

そんな疑問を自転車で通勤して10年以上の経験を踏まえてお答えします!

自転車で通勤する距離はどれぐらいがいい?

自転車で通勤をしようと思ったとき、一番気になるのが距離だと思います。通うと思う会社・学校までの距離はどれぐらいなのか?

距離は大体わかるが時間はどれぐらいかかるのかと。

限られた時間で走れるものなのかと気になりますね。そもそも、持ってる自転車でいいのか?新しく買った方がいいのかと。

確かに自転車と一言に言えないくらい様々な車種があります。

ママチャリ、クロスバイク、ロードバイク、マウンテンバイク、更には電動アシスト自転車と色々あります。

簡単に代表的な車種別に1Kmでどれぐらい時間がかかるのかというと。

  • ママチャリ 6〜7分
  • クロスバイク 4〜5分
  • ロードバイク 3〜4分

ママチャリの重量は20キロ、ロードバイクは8〜10キロ、クロスバイクは両方の中間で10〜15キロぐらいです

自転車の重量がそのまま時間になる感じです。

ただ厳密には重さだけではなくパーツの違いもあるのですが。イメージを持つため

ちなみに電動アシストはママチャリと同じと思ってください。楽に漕げるってとこだけ違います。しかもスピードは24Km以上はアシストされないのでそれ以上は重いだけ。

ロードバイクは24Kmぐらいが普通に走る巡航速度です。

1キロの時間がわかったのであとは目的地までの距離に掛け算すればおおよその距離が出ます。

では、どれぐらいの距離が妥当なおのかと言いますと、体力と時間があればどこまでもいけちゃいます!


それだと答えにならないので車種ごとに1時間内で行ける距離が妥当と思います。

もっと言うと、1時間ぐらいを通勤事に使うのがいい。

乗ってる時間と着換えなど他にもやる事を含めて1時間が妥当だと思います。

なので

  • ママチャリ 10キロ未満
  • クロスバイク 12〜13キロ
  • ロードバイク 15〜16キロ

いくらでも時間をかけてもいいのですが、サイクリングと違い目的地にたどり着くことが目標でなく、着いたら仕事・勉強をします。

クタクタになっては意味がない。



自転車での通勤は余裕を持って安全に走る事が重要です。


距離についてはなんとなくイメージはついたと思いますが、同じく気になる事がありますよね?

自転車で通勤する時の服装は?

運動しながら会社、学校に行くので汗をかきます。

では、どんな服装なら汗も平気なのか、着換えは要るのか?

どんな人でも15分も自転車を漕いでると汗をかきます。着替え室などあれば困らないのですが、無い場合はどうすればいいのか?


着替える部屋が会社や学校にあれば、そこで着替える。

着替える部屋が無いがトイレで着替える事が出来るのであれば、部屋よりは不便だが十分に着替えれます。

着替えが出来るのであればどんな格好でもいけます。サイクルジャージでの大丈夫ですよ。


そして、何も無い場合は、服装を工夫します。

自分も何も無い派です

無い方は

まず、アンダーウェアは即乾性の良いものを着ます。ズボンは薄めでチノパンの即乾生地の物を、最近ではスーツも即乾があるのでそれにします。

夏はシャツは鞄にたたんで収納して、アンダーのまま出かけます。

このときアンダーがいかにも下着っぽいとかっこ悪いので、黒とか紺とかの色物か、白でもワンポイントロゴとか入ってると平気です。

着いたらアンダーを脱がずタオルを入れて体を拭きます。

上半身裸もちょっと気になるので。

拭き終わったら鞄からシャツを出して着ておわり。暑い季節なら汗拭きシートのクール版を使うといいです!

冬は逆でジャケットやコートを鞄にしまい、着いて汗を吹いたら着るようにしてます。ズボンも薄めではなく普通の物でもいけます。

要は、自転車に乗ってる間に、服で暑くならない快適な格好で乗ります。

自分の場合は家から会社までは2回乗り換えます。

今は一回目の乗り換え駅の駐輪場まで約7Kmをロードバイクで通ってます。

乗り換え駅最寄りの駐輪場に駐めて汗拭いてます。

ちなみに、服はほとんどユニクロです!

まとめ

自転車で通勤する妥当な時間は1時間ぐらい。

車種別では

  • ママチャリ 10キロ弱ぐらい
  • クロスバイク 12〜13キロ
  • ロードバイク 15〜16キロ

服装は着替える場所・部屋があれば、どんな格好でもOK

着替える場所が無ければ工夫する。自転車に乗ってる時に変に暑くならない格好で乗る。

安全にゆとりをもって自転車の通勤を楽しんでください!

LINEで送る
Pocket

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。

コメントを残す


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください