ロードバイクでビンディングペダルに挑戦

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ロードバイクの定番装備といえばビンディングペダルですね。

走ってるロードバイクはほとんどと言っていいぐらいビンディングペダルが付いている。

ビンディングペダルを使うと色々と効果があるし、なによりもカッコイイ!

これからビンディングを使おうかと思ってる方に紹介します。

<スポンサーリンク>

ロードバイクのビンディングペダルとは?


ビンディングペダルとはクリートと呼ばれる金具のついたビンディングシューズを受け止めて固定することの出来る専用のペダルの事です。

これによりシューズを履いた足とペダルがくっつき効率の良いペダリングが出来るという理屈です。

ビンディングペダルのメリット


上記しましたように「効率の良いペダリング」が出来るという事ですがそもそのペダリングの効率とは何でしょう。

これはプロライダーにとっても永遠のテーマではないでしょうか。

全国いや、全世界のライダーが常日頃追い求めているものですのでこれをテーマにすると論文が書けてしまいます。

ここでは自転車、主にロードバイクを乗り始めたばかりのホビーライダーに向けたざっくりとした説明とさせていただきます。

ビンディングシューズのソールが固い

一般的にビンディングシューズはソールが固く出来ています。

これはペダルを踏み込んだ時にチカラが分散されにくくなりダイレクトに伝わる様にする為です。

スニーカーなどのソールが柔らかいシューズを比べると違いが分かりやすいでしょう。

ビンディングで足の向きが固定

ママチャリに乗っているおじさんを見ると大きく股が開いている人って多くないですか、あれって実は漕いでるチカラをかなりロスしているんですよね。

足の向きと膝の向きが合っていると同じチカラの入れ方でも随分楽に感じます。

足の向きが固定されるだけで長距離RIDEも可能になります。

ビンディングで足が滑らない

当たり前ですが足とペダルがくっついているので足を滑らす事がありません。

足が滑らないという事は足の裏の同じ個所でペダルを踏めるという事です。

ペダリングは母趾球で踏むのが基本とされています。

最初に調整しておけば常に理想に近い踏み込みが出来るという訳です。

ビンディングペダルの種類

実はビンディングペダルは様々なメーカーによって様々な種類のものが出されています。

日本のシマノ、フランスのLOOK、TIME、アメリカのスピードプレイ辺りが有名でしょうか。

現在、国内においたは圧倒的にシマノがシェアを占めているのではないでしょうか。

今回はそのシマノの代表的な2種類SPDとSPD-SLをご紹介していきます。

SPDビンディングペダル


出典:shimano

SPDはクリートが小さくシューズも普通の靴に近いデザインが多いのが特徴です。

クリートがシューズの裏の中に埋まっている形なので歩行も問題なく出来ます。

<スポンサーリンク>

SPD-SLビンディングペダル

出典:shimano

SPD-SLは自転車に乗ることに特化したビンディングシューズと言えるでしょう。

シューズのクリートとペダルの接地面が大きいのでSPDに比べると足裏のより大きい

部分でペダルを踏む事が出来ます。

反面、自転車に特化している為一度自転車から降りてしまうと歩行も困難な程です。

ペダリングには有利なクリートがシューズの底大きく出ているのでかかとで歩かなければなりません。

それぞれ特徴がありますがペダルとシューズの互換性はありませんので最初に買う時はしっかりと吟味しましょう。

ビンディングペダルへの交換

実際にペダルを交換します


ペダル交換に必要な工具

ペダルレンチ

グリス

交換するペダルを外す


ペダルの内側のボルト部分にペダルレンチを噛ませて回すと外れます。

左右でネジの回る方向が違いますので注意して下さい。

右ペダルは正ネジ。反時計回りで緩みます。

左ペダルは逆ネジ。時計回りで緩みます。

ビンディングペダルを取り付ける

取り付ける前にペダルのネジ山にグリスを塗布します。

取り付けは外した時と逆の手順でボルトを締めていきます。

最後までグッと締めて緩みのないようにしましょう。

■気を付ける事

ビンディンペダルの使用には絶対練習が必要です。

最初は周囲に危険がない所で脱着の練習をして下さい。

またクリートの強さも調整できるようになってますので最初は1番弱い設定にしましょう。

乗ってみると分かりますが漕いでいる時は足がペダルにくっついている事を忘れます。
(本当ですよ。)

その状態で信号待ちなど一旦停止の場面に出ると足が地面に着けずに転倒してしまいます。

周囲に危険がなければいわゆる「立ちゴケ」ですみますが一般道路でしかもすぐ横にクルマがいたら・・・。

■おわりに
いかがでしたでしょうか。ビンディングペダルは「より早く、より遠くへ」をサポートしてくれる便利なツールです。

もちろん慣れないと危険が伴うのも事実ですのでしっかりと意識して「カチャッ」とペダルをはめて走り出してみませんか。

<スポンサーリンク>
LINEで送る
Pocket

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。