SIM PERFECT BOOKで格安SIMを使ってみよう!

なんと、雑誌に本当に使えるSIMが付録で付いてくる!

2015年に総務省からSIMロック解除が義務付けられるので、SIMフリースマホ、格安SIMなどとやたらとSIMの話題が多い。

そもそも、SIMとはなにか?格安とそれ以外で何が違うのか?

簡単に言うと、SIMは電話番号、通信情報を記憶してる物。SIMに情報を記憶しないとガラケーやスマホの出荷時に本体へ情報を埋め込む必要があり、契約してから手元に届くまで数日から数週間かかるし、効率も悪い。

なので、機種を変えても、同じSIMを使えば電話番号は同じ。(メールば別ですが)

ただ、現在はドコモ、AU、ソフトバンクの自社の販売機種とSIMだけしか使えないようにSIMロックをかけている。

このSIMロックが、2015年から外す事が義務付けされたのだ!ソフトバンクのiPhoneにドコモのSIMが使えるようになる。

既に、SIMフリーとして販売されてる機種もある。appleで直接売ってるiPhoneとかがそうです。

格安SIMはドコモ、AU、ソフトバンクではなく、NTTcom、ビックカメラ、などが販売するSIMでデータ通信量に制限があるが月々の支払いはかなり安い。軽く、ネットを見たり、メール確認する。動画は見ない人にはオススメである!

私も現在は格安SIM(IIJmio)を使って、月々の支払いが1600円〜

特にドコモ系の格安SIMであれば、ドコモのスマホはそのまま使えます。もし、余ってるスマホがあればサブとして使ってみるのも面白い。

とざっくり説明しましたが、もっと細かい情報はこの雑誌「SIM PERFECT BOOK」で!

付録のSIMのサイズはマイクロSIMなので、残念ながらiPhoneには使えません。「IIJmio プリペイドパック for BIC SIM」なのでドコモ系です。

実際にIIJmioプリペイド のSIMを購入しようとすると4000円ほどするので、雑誌が1500円なので試してみるにはお手頃の値段かと。

  • サイズ:microSIM
  • データ量:500MBまで
  • 利用期限:開通後3カ月間/開通期限:2015年9月末日

現在、予約受付中(12/12発売)

デジモノステーション2015年 1月号増刊 『SIM PERFECT BOOK』(シム・パーフェクト・ブック)

新品価格
¥1,500から
(2014/12/1 21:26時点)