続シフトレバーとマウンターの取り付け

シフトレバーのケーブルが届いたので取り付け作業の続きです。本日は前回の作業(こちら)の続きで後はケーブルの接続とフラットハンドル用のシフトチェンジを外すだけ。

これが終われば気分に合わせてロードバイクのハンドルを交換出来る。自転車通勤フラットハンドルサイクリングドロップハンドルとか!

まず、フロントディレイラとリアディレイラのケーブルを外す。ここまでは特に大変な事はない、外したままで一旦そのままに。

シフトレバーのケーブル外す
シフトレバーのケーブル外す

本格的にケーブルを設置。ポイントは以下

  • シフトレバーを前方に倒す。一番緩めた状態にする。
  • マウンターの調整ネジは最大まで縮める。
  • フロント・リアディレイラも一番緩んだ状態にする。フロントは一番内側のポジション。リアは一番重いギアに。
  • リアディレイラのケーブル調整ネジも最大に縮める。
  • ケーブルをレバーから各ディレイラに通し、たるまない状態で固定する。

 

一番前に倒す。緩めた状態
一番前に倒す。緩めた状態
調整ネジを締めておく
調整ネジを締めておく
一番緩んでる状態。ワイヤーを外すとこの状態になる。
一番緩んでる状態。ワイヤーを外すとこの状態になる。
調整ネジを締めておく。
調整ネジを締めておく。

ケーブルをレバーからアウターチューブから各ディレイラに通す。

シフトケーブルを通す
シフトケーブルを通す
シフトレバーからマウンターに通す
シフトレバーからマウンターに通す
シフトケーブルを張るとケーブルの留め具がピッタリとレバーの窪みに収納される。
シフトケーブルを張るとケーブルの留め具がピッタリとレバーの窪みに収納される。

シフトレバーのアウターチューブは今まで使ってる物をそのまま使ってみようかと仮付けしてみたら長い。それで10cmほど切断してその使う事に。エンドキャップは別で買っていたキャップを使う。

アウターケーブル。短い方はマウンターに合わせてカットした。
アウターケーブル。短い方はマウンターに合わせてカットした。
ケーブルエンドキャップ 金属性。シフトレバー用とブレーキレバー用
ケーブルエンドキャップ 金属性。シフトレバー用とブレーキレバー用
ケーブルが通ってる状態
ケーブルが通ってる状態
アウターチューブを挿す
アウターチューブを挿す

 

リアディレイラのケーブル固定してワイヤーキャップ取り付け。
リアディレイラのケーブル固定してワイヤーキャップ取り付け。
フロントディレイラのケーブル固定とケーブルキャップを取り付け
フロントディレイラのケーブル固定とケーブルキャップを取り付け

このレバーはNo-indexなので「カチカチ」しないので作業はこれで終わり。あとはフロントレバーは引けばセンター(真ん中)アウター(外側)へとシフトチェンジ。リアは引くほどに軽いギアに。感覚で何段かギアを入れて行くだけ!

アウターチューブのペンチでのカットで注意が一つ。アウターチューブだけで切断しようとすると潰れる。不要になったケーブルを入れて切断するといい。

アウターチューブの切断でこのぐらいまで来たらケーブルを抜いてカット!
アウターチューブの切断でこのぐらいまで来たらケーブルを抜いてカット!

最後にハンドルグリプを外してフラットハンドル用シフトチェンジを外す。このグリップの外すのが苦戦、本作業で一番つらかった。戻すときはグリップが劣化してたので左右逆に取り付けた。

グリップが劣化してきてベタベタしてた。
グリップが劣化してきてベタベタしてた。
左右反対のグリップを付け裏側を使う。こちらはまだ使える。
左右反対のグリップを付け裏側を使う。こちらはまだ使える。
シフトチェンジが無くスッキリした。
シフトチェンジが無くスッキリした。

このレバーポジションがフロントがセンター、リアが1段の状態。

シフトレバーポジション。フロントはセンター、リアは1段
シフトレバーポジション。フロントはセンター、リアは1段

さて、乗ってみた感じですが。慣れないのでシフトチェンジでグリップ元を探すw

また、カチカチが無いのでケーブルが伸びても1段か2段か気にならないのがいい。その時気に入った重さを使えば良いだけ!

頻繁にシフトチェンジする方なので手元に無いとやはり不便ではあるがピストバイクだと思えばいいかなと。そのうち慣れるでしょう。

あとはハンドルだな!