自転車通勤 ロードバイクで最低必要な物

ロードバイクで一番必要な物は専用のフロアポンプだと思います。理由は、タイヤの空気圧は3日に一度はチェックしなければならないし、タイヤが細いので空気圧がすぐに減ります。

しかも、バルブが仏式バルブ(フレンチ)の場合、専用のポンプでないと高い空気圧を入れれない。
ロードバイク(ロードレーサー)は100%仏式バルブ(フレンチ)です。

一般的なバルブを英式バルブ(ウッズ)といいます。他に米式バルブ(シュレッダー)があります。

仏式バルブ(フレンチ)

高い空気圧を維持できる他に微妙な空気圧調整も可能です。

英式バルブ(ウッズ)
一般的であり、高い空気圧には耐えれない。

米式バルブ(シュレッダー)
車、バイクと同じで太くて頑丈なバルブです。BMX、ダウンヒルバイクに使われ、空気微調整も可能。

仏式バルブ(フレンチ)には英式バルブ(ウッズ)変換アダプターがあり、それで一般的なポンプでも空気を入れる事が出来ますが、必要とされる空気圧まで入れれません。

あくまでも応急処置用です。とにかくロードバイクに乗るなら体といっしょに仏式バルブ(フレンチ)用のフロアポンプを購入する事を薦めます。

ちなみに、仏式・英式兼用のポンプや仏式アダプタも売ってます。私のお勧めはシリカ スーパーピスタポンプです。

これでロードバイクは乗れます!