自転車通勤 スタイルの合った車体選び

自転車通勤するのだからどんな自転車で通勤するのか? ママチャリ!、マウンテンバイク?、ロードバイク? 他にも細かい種類がありますが、とりあえず始めるシュミレーションとしてこの3種類で。

ママチャリ:言わずと知れた世の中で一番ポピュラーな自転車。誰でも乗りこなせる自転車です。但し、スピードと長距離には向いていません。あくまでも自宅最寄駅かお買い物用です。値段は1万円以内で何処でも買える。

マウンテンバイク:サスペンションの着いたオフロード用っぽい自転車。段差に強くママチャリよりスピードが出て快適。グレードによりますが結構重い。どこでも走れるし、長い時間乗っていても苦にならない。どちらかと言うと中距離通勤向けです。値段はピンキリで2万円ぐらいから買える。値段が上がるほど車体が軽くなる。

ロードバイク:ドロップハンドルのレース風(レース用ですね)の自転車。車体が非常に軽い。スピードが出る。その為、遠距離に強い。但し、前傾姿勢が一番強いので、腰や首に負担がかかる。また、デコボコ道は非常に苦手でパンクし易い。値段は高い最低7万円ぐらいで、上は百万円代もあたりまえ!

この、3種類で自転車通勤(会社まで)を考えると、マウンテンバイクかロードバイクが選択肢となる。 長距離を軽快になら、ロードバイク。気軽に何処でもなら、マウンテンバイク。スタイルに合わせて車体を選ぶ。 私はロードバイクを使っています。

ロードバイクは軽快です。慣れるまでちょっと癖がありますが、慣れるとママチャリが物凄く重くて遅い物に思えてきます。乗るまでの装備が色々と面倒ですが、自転車通勤ならロードバイクがお勧めです。 一般的にはロードバイクかマウンテンバイクと言い切ってみたけど、種類はもっとあります。

■ロードバイクの種類

ロードレーサー
 ドロップハンドルでアルミ、チタン、カーボンなどレース用の素材で一般的な形。700Cと言う細いタイヤを装備した自転車。ツールドフランスなどで走ってる奴。

・メッセンジャー型ロードバイク ロードレーサーのハンドルをドロップではなくフラットな一文字ハンドルを装備した自転車。街中を軽快に走るロードレーサーです。ハンドル以外はロードレーサーなので、ドロップハンドルに抵抗がある人にはお薦めです。



・クロスバイク(シクロクロス)
 タイヤが700×30cと言う太めのオフロード用タイヤを履いたロードバイク。少々のデコボコ道でも走れる走行耐久性の高いロードバイク。通勤やツーリングに向いてる。見た目ロードレーサーに太めのタイヤを履いただけに見えるがフロントフォークやフレームがやや違う。ちょっと太いタイヤが履けるように幅が広くなってる。


「自転車通勤 スタイルの合った車体選び」への1件のフィードバック

  1. ホンダバイクなどの微妙な楽しみ:安全運転法=緊張せず・肩に力を入れず・柔らかに握る:α脳波・無の状態

    ホンダバイクなどを雪深い過疎市町村で走らせていると、本当に美しい柔らかい緑のジュウタンの上を走っているような贅沢な気分にさせてくれる季節になってきました。…

コメントは停止中です。