自転車通勤とロードバイクの危険な行動と場所

自転車通勤を始める前に、危険な行動や場所を経験に基づいて紹介します。実際に自転車に乗って見ないと実感が無いかもしれませんが。とくに初めて乗るロードバイクのタイヤの細さ、スピードは今まで乗ったきた自転車とは大きく異なります。

事故なく楽しむためにも、参考にして下さい!

歩道でスピードを出す。

基本的に歩道は歩行者の道です、そこをロードバイクで飛ばすのは明らかに危険行動です。各都道府県の条例では違法な場合もあります。歩道は徐行で走る。

黄色信号で交差点に入らない事。

黄色信号って車も慌てて交差点に入ってきます。自転車は車から見ると小さいので距離感が狂って「まだ遠いから大丈夫」と思い減速し無いこともあります。そこでロードバイクが飛ばして入ってくると衝突事故が起こる可能性があります。(経験有り)

車道から歩道に入る時は要注意。

歩道に入る時は歩道の自転車に注意する事が必要です。合流する時、歩道を走っていた自転車に追突されそうになった。しかも歩道を走っていた自転車は飛ばしている高校生だった。合流する場合は歩道の後方を確認して下さい。(経験有り)

左折する車には注意。

左折レーンを後ろから走ってる車には注意が必要。大きな交差点で左折と直進が同じ車線では、なぜか車の人は「自転車は左に曲がるだろう」って思ってるらしく、自転車で直進してるのに左折してきて巻き込まれそうになった。
左折の車線では注意も必要ですが、車に自分の意思表示をハッキリ見せる事 が必要です。(経験有り)

無灯火には注意。

暗くなってまだ人が多い時間帯での無灯火は危ない。自転車に乗ってる本人は周りが見えていても、他人は気にしていない場合が多い。

以前、ライトが壊れて無灯火で乗っていた。前から逆走の自転車が来て、ぶつかる直前で気づいたらしくあわてていた。自分では見えていたけど相手は見えてなかったんだ!と実感した。

無灯火は危険です、事故の加害者になる可能性もあるので注意してください。(経験有り)

雨で濡れた線路の横断は注意。

タイヤの細く、水はけパターンの無いタイヤのロードバイクは雨に弱い。特にマンホールや金属の側溝の蓋は滑ります。

特に注意は線路の横断です。踏切は鉄の線路が走っていて、デコボコしてる箇所があります。たまたま濡れた線路の上でハンドルを切ったりすると滑ります!遮断機に余裕があると思って侵入して転んでいたらと思うとゾッとするけ経験があります。

ロードバイクには細長い溝は罠でしかない。

たまに道路の舗装部分と側溝の間に隙間が開いてる事がある。この隙間、溝はロードバイクの細いタイヤがハマりハンドルが切れ無くなる。これで転んだ事があります。ママチャリではどうって事のない溝も、細いタイヤには危険な罠です。見つけたら避けましょう!

 

永く乗ってると危険な所はどうすべきか判るようになりますが、それと同時に甘く見る事もあるので、毎日気を引き締めて自転車通勤をたのしみましょう。

気付いた事はどんどん紹介していきます。

LINEで送る
Pocket