サイクルコンピュータ取り付け!

めでたく、やっとスピードメータを購入しました。
メーカ:キャットアイ
品名:ASTRALE8 ケイデンス

リヤタイヤにスピードをセンサーを付けるタイプ。
また、ペダル回転数も計測するのでペダルクランクにもセンサーを付けます。一般的にはフロントタイヤにセンサーを付けるタイプが多い。

なぜリヤ用を選んだのかは練習台ローラに載せても計測できるから!って言うけど練習台ローラは無い!いつか買った時の為にリヤ用にした。(でも多分買わないだろうな...)
クランクとスポークに付けるのは磁石らしく、フレームに取り付けたセンサーがメータに信号を送る仕掛け。

取り付け中

ペダル回転数を拾う読み取りセンサーの取り付け。

クランク側のマグネット。
この、マグネットとセンサーの隙間が5mm以内にしなければならない。

これが結構厳しい!ペダルは簡単に設置場所が決まったけどリヤタイヤはリフレクターもありマグネットの位置を決めるのがシビアだった。でも、邪魔になったらリフレクターは取っぱらっちゃえばいいのだけど!


リヤタイヤのセンサー取り付けは今の時点では問題ないけど、パンク修理とかして車輪をはずし、取り付けた後にセンターを出すのが結構シビアかな?

センサーの取り付け完了。後は結束バンドの余分を切り取って終わり。

軽く動かして距離が記録された。問題無く取り付け完了!

最後に、説明書のにあるタイヤサイズから車輪の外周をセットして完了。自分の自転車のタイヤサイズは700× 25Cなので2105をセット。
これで、速度と走行距離数が正確にカウントされる。
他の自転車関係のブログで、よく最高速度、距離、時間など記載されててうらやましかった!これからは仲間入りだ!
楽しみだ!!

>>>Amazonでのサイクルコンピュータ

>>>楽天でのサイクルコンピュータ

>>>Yahooショッピングでのサイクルコンピュータ

LINEで送る
Pocket