自転車通勤 ブレーキの効き調整

ブレーキレバーがハンドルにくっ付くようになってきたので、ブレーキの効き、幅を調整します。 これもワイヤーが伸びた為です。ワイヤーを張って調整します。

 
自転車メンテ

ブレーキ本体を手で締めた状態にし、赤い線で示してるのネジを緩めてワイヤーを張ります。黄色い線で示してるネジを締めて固定させます。

自転車メンテ

ここで注意。ブレーキに下のようなレバーがある場合があります。このレバーはタイヤを外す時にブレーキの幅を広げてタイヤを外し易くする為の機構です。それで、ワイヤーを張る注意としてこのレバーを上げた状態でブレーキの幅がタイヤより少しだけ大きく開くようにワイヤーの張りを調整します。

自転車メンテ

また、ワイヤーの張り具合でブレーキレバーに遊びが無くなると、指だけの力でブレーキをかける事になり使いづらくなります。手のひら全体で握れるように少し遊びを持たせて調整する事がPOINT!