ロードバイクでの自転車通勤はケイデンスを意識して!

ビンディングを使いロードバイクに乗って自転車通勤しているのなら、ケイデンス(ペダル回転数)を意識して乗ってみよう。

距離にもよるがロードバイクで通勤に合うのは80~90あたりが一番よさそうだ。ロードレーサーは軽いギアで高回転でペダルを回す練習をしているそうだ。

ケイデンスの目安

 70エネルギー効率が最も良い回転数
 71~80 クロスバイクなどスポーツ型の自転車に最適
 81~90 ツール・ド・フランスなどの長距離競技がこの範囲
 80~100ロードレースがこの範囲
 100以上 ペダルに与えるパワーが徐々に減っていく

 

通勤途中に会うロードバイクに乗ってる人は軽いギアで速めのペダリングで走っている。

なんで高回転?と思うところがあります。重いギアで慣れ走れてもそれまでの回転数を回さなければスピードはそこまで。そこに差が出てくるのが回転数!
ケイデンス回せ回せ!の世界。(弱虫ペダル)
回転数分早く走れます!

ただ、この高回転はすぐに出来ません。
初めて100回転を回した時は、体が弾み上手く回せなかった。徐々に回転数を上げて慣れていった方がいい。

常に重いギアで踏ん張って乗るよりも、軽めのギアで高回転で乗り、たまに一つ重いギアで同じ回転数で回す。これで、高回転と足の筋力アップになります!

普段も重いギアより軽めのギアでペダリングする事にしています。通勤中にメーターを見ると85~95あたりが平均的に出てくる。スポーツ型で長距離競技に当てはまる回転数だ。レース出れるかw

ギアチェンジも頻繁に行ってる事もあって、重いギアで飛ばしてた時は膝痛が出てたが、ペダリングを変えてからは無い。

今の乗り方が体に合ってるのだろう。

また、疲労回復も軽いギアの高回転のほうが回復し易い気がします!

ケイデンス、ペダル回転数!以外に奥が深い...ロードバイクはこの乗り方がいい!

実際にペダルの回転数を知りたい場合はこちらをご覧下さい。

 

>>>楽天でのサイクルコンピュータ

>>>Amazonでのサイクルコンピュータ

LINEで送る
Pocket