災害に備えて自転車通勤

「首都圏、直下型地震の周期に入った」とかって夕刊に出てた。うーん、本当であれば嫌だなと思う。前回の地震で確かに帰れなく職場で一泊するはめになった。帰れる人はなんとか歩いて帰ったが同じ思いはしたくないな。

そんな事で帰れない状況に備えて、自転車通勤を検討してみてはどうか!?

災害対策とするならマウンテンバイク。車体が重くタイヤも太いので長距離には向かないが、悪路を得意とするので道路状況が悪くても走破出来る強みがある。

次にクロスバイク。ロードバイクよりタイヤが太めなので未舗装でもこなせる。マウンテンバイクより軽く、タイヤも細めなので長距離もいける。

ロードバイク。最近の自転車通勤のメイン、軽くてスピードも出るので通勤にマッチする。ただ、舗装道路を主とするので道路状況が悪化するとパンクの心配が大きくなる。最悪、持って歩く事で悪条件を抜けて再び乗る方法もある。

と、書いていたら何でも大丈夫かなと思ってきた(笑

それと、バンク修理キットと予備チューブは持っておきたい。

あと、災害ついでに面白いものを見つけた。マンホールに避難場所への案内がある「避難誘導マンホール」

避難誘導マンホール
日乃出水道機器と茨城県日立市による「避難誘導マンホール」。中央の円形プレートは取り外しが可能なので、さまざまな用途に対応できるとして、今後多くの自治体などで普及すると期待されている。(提供:日乃出水道機器)

とてもいいアイデアだと思います!

避難経路はこっち!一目で分かるマンホールが登場

雨の日のマンホールはかなり危険な存在なので「ここにマンホールあるよ」って奴も欲しいね。

雨の日に濡れていて滑って転んだ事ある。自転車もそうだけどバイクの方が濡れたマンホールは恐怖だな。

とにかく、大きな災害が起きる事がないように願うばかりです。