ブルホーンハンドルの検討

ドロップハンドルかフラットハンドルの交換と考えていたら、もう一つ候補が。

ブルホーンハンドルだ!

その名の通り牛の角のな形をしているのでそう呼ばれている。

主にトライアスロンで使われていて、DHバーと組み合わせています。ブルホーンハンドル自体にはブレーキレバーをDHバーにシフトチェンジの組み合わせで使われている。DHバーとは肘を付いて腕を延ばした状態で握る。前傾姿勢を長く維持出来るのが特徴です。ポジションとハンドルで空気抵抗を少なくする事が目的なハンドル。

ブルホーンハンドルとDHバー Phot by http://www.rakuten.co.jp/
ブルホーンハンドルとDHバー
Phot by http://www.rakuten.co.jp/

自転車通勤街乗りではハンドルとDHバーの組み合わせでは使い勝手が悪そう。シフトレバーはDHバーの先端に付けるバーエンドコントローラー(バーコン)と呼ばれる小さめのレバーを使い、ブレーキを使う場合はハンドルを。トライアスロンのように常にDHバーを握ってる状態であれば良いのだが。

バーコン DHバーの先端に付ける。 Phot by http://www.rakuten.co.jp/
バーコン DHバーの先端に付ける。
Phot by http://www.rakuten.co.jp/

バーコンを使う事になると、気軽にハンドルを変更しようの方針から逸れてしまう。どのハンドルを使ってもシフトチェンジはマウンターこちらの記事)で手元に固定で解決。

シフトレバーの問題はクリアしてるので、あとはブルホーンハンドルとTTレバー(ブレーキレバー)を買うだけ!

ブレーキレバー ブルホーンハンドルの先端に取り付ける。
ブレーキレバー ブルホーンハンドルの先端に取り付ける。

なんか、流れ的にブルホーンハンドルに変更する事になりそうだ。

>>>Amazonでのブルホーンハンドル

>>>楽天でのブルホーンハンドル

LINEで送る
Pocket