パトカーに止められた!

通勤途中、自転車で初めてパトカーに止められました。大き目の交差点で信号待ちしていて青になったので進んだ。とくに違反してる覚えもないのに、突然サイレンサが鳴って

 

「自転車!っ 止まりなさいっ!」

 

と、でかい怒りぎみな声で叫ばれた。周りを見渡しても俺しかいない!指示に従って止まっていると、警官はなにやら無線で話しているけど降りてこない。その間、歩道の通行人はじろじろ見てるし..

「違反はないよな」と思い返してみたけど心当たりはない!!まさか、交差点は横断歩道渡れとか言われるのかとあれこれ思っていたら警官が降りてきた。怒ってる顔を想像してたけど、その顔はなぜかニコニコしてる。そして、

「同じような自転車見ませんでしたか?」だって。 ← 止めた時の威勢は....どこ??

さては、間違って止めたな!ならいいやと思い「見ませんでしたよ」と回答。警官は「あ、そうですか。すみません」で引き上げて行った。高校生のとき原チャリでパトカーに止められた以来の久々な出来事だった。

ただ、パトカーが追ってる同じような自転車は何をしたんだ!?警察が追うほどの事なのか?!ちょっと不安な気分になった。

 

続きを読む パトカーに止められた!

今月、二回目!

今月頭に自転車通勤のテンションが上がったのに、雨続きで今日まで乗れなかった。

実は、この時期の服装ってそろって無い!そんなことで、いまだに夏の格好で乗りました。体が鈍ってる事もあって、一言に「寒い」でした。まだもう少しはこのままの格好で大丈夫でしょう。

帰る途中でファミリーレストランをふと見たら、カキ氷の旗がなびいていた。

肌寒さから、夏は終わったのだと思うと妙に寂しい気持ちになる。  なんで夏が終わると寂しい気持ちになるのか?不思議だ。

本日の結果 ←久しぶり
時間   :1.11.37
最高速度:48.4
平均速度:19.7
距離   :23.55

phot

 

 

 

 

やっとテンションが上がった!?

夏休み以降、今ひとつ自転車通勤にやる気が出ずしばらくは電車で通勤していた。

真夏用に服装を一新していたのに、なぜか乗る気にならなかった。原因はなんだろう?読みたい本もあったので通勤時間を利用して読書に耽っていた。読み終わったらなんとなく自転車が気になりだして、本日より自転車通勤開始!

乗って気づいた!秋が近づいてる事を。

風が涼しい!

ちょっと損した気分だった。

 

もう一つ気づいた事があった。

無駄遣いしない事だ!

電車通勤はなんとなく寄り道が多く、小銭をちょこちょこと使う。「チリも積もれば山となる」じゃないけど財布の中が寂しい状態だ...自転車で通勤した場合は乗る事に夢中で買い物はしない。あっても缶ジュースぐらいか。意外な効果があった事を気づいた。

 

久々の自転車。以外にも足も元気に回ってくれたし、電車の乗り換えの待ち時間とかも気にせず自由奔放に走れて開放感に浸れた。乗りたくて乗れなかった事と違って、ちょっとだけ自転車から離れて、また帰ってきた事で自転車通勤に再発見があったし、楽しい気持ちが高まってきた!

必要な休憩期間だったのかも知れない。

なんとなく思う事は、テンションが下がった状態で無理に自転車に乗っていたらどうだっただろうか?自転車通勤が義務感に感じて嫌になったり、事故ったりしてたんじゃないかと...

楽しまないと何でも駄目だね!